タグ:食 ( 20 ) タグの人気記事

木の味噌桶

a0004391_10312469.jpg 先日、味噌工場の見学に行ってきました。
 木の桶に味噌が仕込まれ、重石として玉石が使われていました。玉石は熟練した職人が積み、地震でも崩れないそうです。またこの絶妙なバランスが、味噌の美味しさを際立たせるそうです。
 私が驚いたのは、未だに木の桶が使われていることです。そしてその桶は、とても古いもののようでした。
a0004391_10432650.jpg 露地で乾燥させていた一本の桶底に、「大正12年4月に12本の桶が桶師の八木長吉によって作られた」と書かれていました。木の桶が、こんなに長く使われ続けていることに、一人感じ入りました。
 この桶が作られた当時は、竹の箍でした。しかし今では、竹の箍を編める人がいなくなったので、鉄の輪に変わりました。

 箍(たが) おけの周囲にはめる、竹や金属で作った輪。
a0004391_10472385.jpg 変わらないのは木の桶で、古くなった箇所は部材を交換して、使い続けられています。
 また味噌を寝かす蔵も、ちゃんと木造でした。美味しさのために、木がここで頑張っていました。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
  
[PR]
by woodlot | 2006-12-30 10:48 | 木材の活用例

カタクリ

a0004391_1165530.jpga0004391_117651.jpga0004391_1171863.jpg
 春先のはかない命である、カタクリを見てきました。カタクリは明るい雑木林に咲きます。
 カタクリの種子は、アリによって運ばれると聞きました。その距離は1年間に5m程度だそうです。

 カタクリについては、こちらも御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2006-04-08 23:50 | 自然、山々、四季

かっとばし!!

a0004391_14304823.jpga0004391_1431163.jpg 里山学習館 エコの森ハウスには、リサイクル箸の展示がありました。左側の箸の名前はかっとばしとあり、折れたバットから作られています。
 バットだとすると樹種は、国産材ならばアオダモが使われています。現在使われているアオダモは天然生のものなので、何時かは資源の枯渇が危惧されます。そこでNPOアオダモ資源育成の会が結成され、平成12年度からアオダモの植林活動などを行っています。
 かっとばしは、NPOアオダモ資源育成の会と福井県の箸メーカー兵左衛門の連携により作られているものです。値段は1,890円と高めですが、球団のロゴマークが入っているとともに、売上の一部がアオダモの植林活動に寄付されています。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-12-25 14:31 | 木材の活用例

スズメバチ酒

a0004391_2024934.jpg 黄色と黒のストライプは危険の印でもあります。35%の焼酎にスズメバチが沈んでいます。スズメバチは生きたまま入れるそうです。
 3個月後位から飲めるそうです。ただし、一回の量は猪口(ちょこ、ちょく)に一杯だけだそうです。それ以上飲んではいけないと言われました。酒と言うよりは、疲労回復や血糖値の是正、切り傷、打撲などに効果があるようです。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-12-07 20:13 | 山村、山菜

アドバシ

a0004391_20383563.jpg 日本で使われている割り箸のほとんどは、中国などからの輸入品です。国産材の背板などを使って割り箸を作ろうとすると、約5倍のコストがかかります。
 国産材の割り箸を普及するために、広告付き割り箸が提案されています。国産材の香りの良い割り箸とともに、スポンサーの広告(情報)を届けることができます。

 アドバシ=アドバタイズメント(広告)+箸
 アドバシ=国産材割り箸(5円)-広告(4円)=輸入割り箸(1円)

 広告つき間伐材割り箸が価格の壁を乗り越える
 すべてのコンビニでアドバシを!

 カートカン
 
[PR]
by woodlot | 2005-04-22 20:44 | 木材の活用例

竹林の更新

a0004391_21215843.jpg ここの竹林は、平成10年までは荒れ果てていました。そのころは、竹林の中を歩くことはとてもできませんでした。
 それから地元の人たちなどの活動により、徐々に地域のモデルとなる竹林の管理が行なわれ、写真のような状態になりました。
a0004391_548797.jpg 竹林の管理は、竹の密度を調整するだけではなく、竹の更新も行なう必要があります。おおむね6年生以上の古い竹を伐採して、新しい竹を育てます。
 伐採された竹材は、かつては自家利用や商取引がされましたが、今では採算が合わないので竹林内に整理して置かれます。
a0004391_631024.jpg 新しい竹を育てるため、ところどころにタケノコが残されています。間違って掘り取らないように、印が付けられています。

 次は、一年前の記事ですが竹の旬を御覧ください。
 
[PR]
by woodlot | 2005-04-21 06:05 | 里山、竹林

春子、藤子、秋子、寒子って?

a0004391_2344983.jpg シイタケは、傘の開き具合で冬茹(どんこ)と香信(こうしん)に分けられます。
 シイタケは、発生する時期により春子(はるこ)、藤子(ふじこ)、秋子(あきこ)、寒子(かんこ)とも呼んでいます。春子は、2月から4月頃に採れるものです。良い香りがします。藤子は、藤の花が咲くころに採れるものです。虫が混じっていることがあります。秋子は、秋に採れるものです。虫が付き難く、乾シイタケに向いています。寒子は、1月頃に採れるものです。寒い時期にゆっくり育つので、美味しさが濃縮されています。
 更に、発生したときの天候により雨子(あまこ)、日和子(ひよりこ)にも分けられます。雨子は、雨にあたって水分を多く含んだものです。色も黒ずんでいます。日和子は、晴天が続き水分が少ない環境で発生したものです。肉質がしっかりしています。
 写真は、香茹、春子、日和子のシイタケです。

 花冬茹 茶花冬茹 冬茹 香茹 香信
 
[PR]
by woodlot | 2005-04-19 23:45 | 栽培きのこ

菜の花

a0004391_13561464.jpg 菜の花畠に、入り日薄れ
 見わたす山の端、霞ふかし
 春風そよふく、空を見れば
 夕月かかりて、におい淡し

 上は、朧月夜の一番です。
 菜の花は、買うところによって値段が全く違います。ちょっと春を探しに出かけると、格安な価格で買うことができます。
 
[PR]
by woodlot | 2005-03-27 13:56 | 山村、山菜

フキノトウ

a0004391_23202598.jpg 道端でフキノトウを見つけました。

 春の足跡を感じました。

 フキ(キク科)
 
[PR]
by woodlot | 2005-03-23 23:23 | 山村、山菜

生椎茸

a0004391_211456.jpg 椎茸栽培には、原木栽培とおが粉など固めたものを使う菌床栽培があります。
 原木栽培には、露地栽培とハウス栽培があります。露地栽培は天候に左右されます。
 写真は原木栽培の生椎茸です。
a0004391_21115743.jpg 椎茸が発生する場所によって、椎茸の形が少し崩れます。

 ほだ木とほだ木の間に発生した椎茸は、二等辺三角形の形をしていました。

 シイタケ栽培(伐倒)
 
[PR]
by woodlot | 2005-03-21 21:14 | 栽培きのこ