岡山県の森林、南と北

a0004391_1936780.jpg 岡山県赤磐市石上の石上布都魂神社(いそのかみふつみたまじんじゃ)の社殿から本宮に登る途中にちょっとしたビューポイントがあり、南の方向が開けています。そこからは、広葉樹を中心とした山々が見えます。

 石上布都魂神社は、八岐大蛇を退治した素盞嗚尊を祀っています。「布都御魂」とは大蛇退治に使った大きな剣のことだそうで、日本書記にはその剣を神社に納めたと書かれているそうです。 出雲から吉備へ、吉備から大和へと製鉄技術が伝えられたことを示しているようです。
 社殿から山頂の本宮までは、山道を10分ほど登ります。山頂は大きな岩がある磐座(いわくら)で、立ち入ることはできません。

a0004391_1945586.jpg 道の駅奥津温泉からの景色です。岡山県の南部と違って、山は大きく急ですが、立派な人工林が広がっています。

 岡山県は、南と北で森林の風景や質が大きく異なっているように感じました。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。 
[PR]
# by woodlot | 2008-09-06 19:46 | 森林の景色

兵庫県穴栗(しそう)市の森林

a0004391_16323526.jpg 兵庫県穴栗(しそう)市の北部には、立派な人工林が広がっていました。

 「しそう」と言うと、林業再生に取り組んでいる「株式会社八木木材」があります。八木木材は、作業工程の連動と高性能林業機械の組み合わせにより、一人当たり10立方メートル以上の高い生産性を実現しています。

 地形はほかと変わらない急傾斜地ですが、八木木材はやり方によっては生産性が上がることを実証しています。

 協同組合 しそうの森の木
 
 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。 
[PR]
# by woodlot | 2008-09-05 16:45 | 森林の景色

白糸の滝(静岡県)

a0004391_21355186.jpg 静岡県富士宮市にある「白糸の滝」です。
 湧き水が、溶岩の割れ目から、白糸のように、いく筋も流れています。これらの水は、富士山の雪解け水とも言われています。
 写真は4月中旬ですが、滝を囲む森林が四季それぞれの彩りを添え、滝を引き立てています。

 白糸の滝の場所は、静岡県森林情報共有システムで御確認ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。 
[PR]
# by woodlot | 2008-09-02 21:38 | 森林の景色

旧官営富岡製糸場の小屋組(群馬県)

a0004391_1965621.jpg 繰糸場は、昭和60年代まで現役で動いていたそうです。
 製糸工場と言うと、女工哀史を連想しますが、富岡製糸場は7時間45分勤務で、日曜休みだったそうです。全国から製糸技術を学ぶため、多くの女性が富岡を目指し、ここで学び、故郷に帰り、指導的な役割を担ったそうです。
 ガイドの方から糸を撚る話しを聞き、そのビデオを何回か見ましたが、あまり理解できませんでした。
a0004391_19112685.jpg 屋根を支える骨組みは、部材を三角形に組み合わせた構造(トラス)になっています。
 訪ねた日は、「最高気温を更新しました」とのニュースが流れていました。明治の初めに建てられた建物の中は、広い空間があり、少しだけ涼を感じました。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
# by woodlot | 2008-09-01 19:19 | 建築、地産地消

旧官営富岡製糸場(群馬県)

a0004391_21281353.jpg 旧官営富岡製糸場は、木で柱と梁を組み、壁にレンガを積み入れて造る「木骨レンガ造り」の建物で、明治5年に作られました。
 繰糸場は長さが約140m、幅及び高さが約12mで、当時は世界最大規模の工場だったそうです。昭和62年までの115年間、生糸を生産しました。
 雨樋が少したわんでいるのは雨を集めやすくするためで、施工が悪い訳ではありません。
a0004391_21362164.jpg 日本で始めてレンガを焼き、レンガを積んだ建物だそうです。 レンガの中には、焼いた人の刻印が付いているものもあります。
 自分で見学もできますが、ガイドの方の話を聞きながら回ると、こうした点を教えてもらえます。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
# by woodlot | 2008-08-31 21:31 | 建築、地産地消

三重県庁(明治村)

a0004391_1557559.jpg 明治12年にできた、近代日本の黎明期を代表する和洋折衷の建築です。北海道の赤レンガ庁舎が明治21年の完成なので、それよりも前の時代になります。
 明治になって数十年で、それまでの日本の建築様式に無い建物を作ってしまうことに感動を覚えます。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
# by woodlot | 2008-08-30 15:58 | 建築、地産地消

八十八夜(静岡県静岡市)

a0004391_12183347.jpga0004391_12184992.jpga0004391_1219496.jpg
 静岡県静岡市の山間部の一こまです。林業地なのでほとんどが人工林となっていますが、新緑に輝く木々も残っています。
 比較的平らな土地に、わずかな茶畑があります。八十八夜には、総出で茶摘が行われていました。

 この写真は、ドコモのso905icsで撮影しました。

 山村の風景なども御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
# by woodlot | 2008-05-25 12:24 | 山村、山菜

ブナの青葉(新潟県津南町)

a0004391_10494619.jpg

 目には青葉 山ほととぎす 初鰹 (山口素堂)

 4月下旬ですが、信濃川の河岸段丘の斜面に、ブナが開葉していました。
 遠くの山々はまだ雪の覆われている中、色鮮やかな青葉がとてもまぶしかったです。北国の短い春を感じます。

 次は、ブナの森林の中に入ってみました(美人林(新潟県十日町市松之山))。

 青葉  カラーネーム:springgreen  16進数:#00ff7f
 
 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
# by woodlot | 2008-05-24 10:30 | 森林アラカルト

菜の花公園(長野県飯山市)

a0004391_9592068.jpga0004391_9593530.jpg
 長野県飯山市の菜の花公園です。4月末で6分咲きとのことですが、これでも十分です。

a0004391_94389.jpg 年月は過ぎていますが、朧月夜を作詞した高野辰之氏(明治9年生)が見たであろう景色が広がっています。公園内には、朧月夜の歌碑があります。

 菜の花も御覧ください。
 
 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
# by woodlot | 2008-05-08 10:05 | その他

東大寺 法華堂(鎌倉時代)

a0004391_21115627.jpg 東大寺法華堂(三月堂)です。手前の礼堂(写真)は鎌倉時代、奥の正堂は奈良時代に建てられたものです。
 正堂には、本尊の不空羂索観音、日光菩薩や月光菩薩などが安置され、間近に見ることができます。小さなお堂ですが、そこには静寂な無限の世界が広がり、悠久の時間を感じます。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
# by woodlot | 2008-05-07 21:02 | 神社・仏閣