<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

虫川の大杉(新潟県)と、ほくほく線 ゆめぞら号付き

a0004391_22513399.jpg 白山神社の御神木で、周囲は10.6m、樹高は30mです。枝張りが力強く、最大25mです。
 樹齢は1200年だそうで、千年杉とも言われています。

 白山神社は、石川県白山市の白山比咩(しらやまひめ)神社を総本社とし、祭神は菊理媛神(白山比咩神)、伊弉諾尊、伊弉冉尊の三柱としているものが多く、全国に約2700社あるそうです。

 大杉の近くに北越急行ほくほく線が開通し、無人駅ですが虫川大杉駅ができました。
a0004391_2252159.jpga0004391_22521033.jpg トンネルの多いほくほく線では、列車の天井がシアターになる「ゆめぞら号」が運行されています。
 リンク 北越急行株式会社
 
 駅舎の壁には、大杉の枝が埋め込まれていました。


[PR]
by woodlot | 2010-02-28 22:52 | 樹木図鑑

杉の大杉(高知県大豊町)

a0004391_0535661.jpg 八坂神社の境内には、推定樹齢3000年と言われる大杉があります。二株の大杉は南大杉と北大杉と呼ばれ、南大杉は根元の周囲が約20m、樹高が約60mで日本一と言われています。北大杉は根元の周囲が約16.5m、樹高が約57mで、昭和27年に国の特別天然記念物に指定されています。
a0004391_054212.jpg この大杉を植えたのは、素盞嗚尊(スサノオ)と伝えられています。
 京都の八坂神社は素戔嗚尊を祭神とする神社の総本社で、杉の八坂神社は日本全国に約2300社あるとされる神社のひとつです。

 参考 伊太祁曽(いたきそ)神社

 また、昭和22年に美空ひばりが「日本一の歌手になれますように」と、大杉に願をかけたそうです。



[PR]
by woodlot | 2010-02-28 00:54 | 樹木図鑑

伊太祁曽(いたきそ)神社と、たま電車(和歌山県)

a0004391_0233389.jpg 素戔嗚尊の子どもである五十猛命(いたけるのみこと)を主祭神とし、左右の脇宮に妹神の大屋都比賣命(おおやつひめのみこと)、都麻津比賣命(つまつひめのみこと)が祀られています。
 日本書記によると、五十猛神は、素戔嗚尊とともに天から追放された時に、多くの樹木の種を持ち、九州をはじめ大八洲国に植えたので、日本は青山に被われる国となったそうです。と言うことで、主祭神の五十猛神は、木の神(林業の神)として厚く信仰されています。
a0004391_024155.jpga0004391_0241749.jpga0004391_0243282.jpg 伊太祁曽神社の直ぐ近くに和歌山電鉄の伊太祁曽駅があります。伊太祁曽駅の近くにちょっとした駐車場があるので、伊太祁曽駅からネコの「たま」が駅長をしている貴志駅を電車で往復することができます。
 帰りは、運良くたま電車に乗ることができました。たま電車の内装は、木材が沢山使われていて、さすが伊太祁曽神社のお膝元だと感激しました。
 

[PR]
by woodlot | 2010-02-27 23:30 | 神社・仏閣

大麻比古神社のクスノキ(徳島県鳴門市)

a0004391_15380.jpg 大麻比古神社のクスノキです。樹齢は約千年、御神木として崇められてきました。目通り8.3m、樹高22mとのことです。
a0004391_019573.jpg 大麻比古神社への参道入口に、四国霊場の一番札所である霊山寺(りょうぜんじ)があります。緑に囲まれた本堂は夏でも涼しげで、曼荼羅の異空間に身体を置いている感じがします。駐車場には、お遍路用具の販売所があります。


[PR]
by woodlot | 2010-02-22 01:09 | 樹木図鑑

大山衹(おおやまづみ)神社のクスノキ(愛媛県今治市)

a0004391_1949239.jpg 大山衹神社がある大三島は、かつては御島(みしま)と言われていたらしいです。

 静岡県三島市の三嶋大社の御祭神は大山祇命と積羽八重事代主神(つみはやえ ことしろぬしのかみ)なので、何か関係がありそうです。また、三嶋大明神とは、この二柱の神を総じた言い方だそうです。
 なお、Googleで「三島神社」と入力すると、静岡、台東区、愛媛、門真市、四国中央市、京都、黒部、大阪、宇和島、横須賀と候補が表示されるので、三島神社は全国にあるようです。
a0004391_19495376.jpg さて、道の駅に車を止め、境内に入ると長く、広い参道となっています。その奥に大きなクスノキが、枝をいっぱいに広げ、迎えてくれます(左上の写真)。いわれでは、大山衹神社を祀った乎知命(おちのみこと)が植えたクスノキで、樹齢2600年だそうです。

 左の写真は、神門からのクスノキです。8月に参拝しましたが、神門を吹き抜ける風が、ちょっとだけ涼しげに感じました。
 
 
[PR]
by woodlot | 2010-02-13 19:50 | 樹木図鑑

阿豆佐和気(あずさわけ)神社の大クス(静岡県熱海市)

a0004391_18331464.jpga0004391_18333284.jpg
 静岡県熱海市の来宮神社の「大楠」は、天然記念物で、日本で二番目に大きいクスノキだと言われています。
 社殿の横をとおり奥に進むと、直ぐに巨大な、かつ、奇怪な樹幹が目に飛び込んできます。観察すると、左側は途中で切られています。右側は回りの木々よりも高く空に飛び抜けているようです。根元は一周できるようになっています。
 幹周は23.9m、樹高は20m、樹齢は約2000年だそうです。


 
[PR]
by woodlot | 2010-02-12 18:30 | 樹木図鑑

日本一のホルトノキ(静岡県伊東市)

a0004391_1156409.jpga0004391_1157099.jpg 日本一のホルトノキは、静岡県伊東市宇佐美の海近くの小さな神社の境内に鎮座しています。
 推定樹齢は300年、幹周は690センチメートルで日本最大だそうです。また、樹勢はとてもよさそうで、樹冠が上空に広がっています。 
 昭和57年に静岡県指定天然記念物に指定されています。

 
[PR]
by woodlot | 2010-02-11 11:00 | 樹木図鑑