<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

旧官営富岡製糸場(群馬県)

a0004391_21281353.jpg 旧官営富岡製糸場は、木で柱と梁を組み、壁にレンガを積み入れて造る「木骨レンガ造り」の建物で、明治5年に作られました。
 繰糸場は長さが約140m、幅及び高さが約12mで、当時は世界最大規模の工場だったそうです。昭和62年までの115年間、生糸を生産しました。
 雨樋が少したわんでいるのは雨を集めやすくするためで、施工が悪い訳ではありません。
a0004391_21362164.jpg 日本で始めてレンガを焼き、レンガを積んだ建物だそうです。 レンガの中には、焼いた人の刻印が付いているものもあります。
 自分で見学もできますが、ガイドの方の話を聞きながら回ると、こうした点を教えてもらえます。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2008-08-31 21:31 | 建築、地産地消

三重県庁(明治村)

a0004391_1557559.jpg 明治12年にできた、近代日本の黎明期を代表する和洋折衷の建築です。北海道の赤レンガ庁舎が明治21年の完成なので、それよりも前の時代になります。
 明治になって数十年で、それまでの日本の建築様式に無い建物を作ってしまうことに感動を覚えます。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2008-08-30 15:58 | 建築、地産地消