<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ビャクシン、イブキ(ヒノキ科)

a0004391_11274129.jpg 天下禅林とは、「人材を広く天下に求め、育成する禅寺」とのことです。
 建長寺は、建長5年(1253)に後深草天皇の勅命で鎌倉幕府五代執権北条時頼が建立した日本で最初の禅寺です。

 臨済宗建長寺派 大本山 建長寺
a0004391_11281822.jpg 
 その庭園には、創建と同じ歳月を重ねたビャクシン(柏槇)があります。樹高は13mと高くありませんが、胸高の円周は6.5mもあります。

 イブキ(Wikipedia)

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2008-02-17 11:31 | 樹木図鑑

イチョウ、銀杏、公孫樹

a0004391_018036.jpg イチョウは、街路樹として植えられています。
 葉は扇型ですが、針葉樹です。秋には葉が黄葉(こうよう)し、冬には落葉します。

  イチョウ(Wikipedia)

a0004391_10525993.jpg 鶴岡八幡宮(鎌倉市)の石段脇には大きなイチョウ(大銀杏)があります。
 このイチョウを観察すると、垂れた乳状の膨らみがあります。これは根の一種で、気根(きこん)と呼ばれています。
 気根は、古いイチョウに見られるようです。 

 気根の一種の呼吸根は、膝根(しっこん)、呼吸根を御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2008-02-12 00:29 | 樹木図鑑

大内宿(福島県)

a0004391_1235927.jpg 茅葺きの町並みが残されていますが、ほとんどが食堂や土産物店になっています。駐車場から町並みを見下ろせるところまで往復し、食事をし、土産物を買ったりしても、2から3時間あれば十分です。
 写真からもわかりますが、寄棟造りの建物が道路と直角に整然と並んでいます。昭和56年4月に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
a0004391_1251516.jpg 建物の裏に回ると、江戸時代と変わらない風景(?)が残っています。

 茅葺きの町並み
 かやぶきの里(京都府美山町)白川郷合掌造り集落(岐阜県)

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2008-02-11 12:06 | 山村、山菜