<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

世界の森林面積は、そして

世界の森林面積
 FAO林業委員会がまとめた「Change in extent of forest and other wooded land 1990-2005」によると、2005年の世界の森林面積は約3,952百万ヘクタールです。世界の陸地面積が約12,081百万ヘクタールなので、陸地の3分の1が森林であります。日本の国土面積が約37.8百万ヘクタールなので、世界には日本の国土面積の約560倍の森林があります。
 なお、ここで言う森林とは樹冠率10%以上と定義されているので、日本の感覚からするとかなりの疎林も含まれています。

世界の森林面積の変化
 一方で、世界の森林面積はどのように変化しているのでしょうか。
 同じ資料によると、1990年から2000年にかけては年間約9百万ヘクタール、2000年から2005年にかけては年間7百万ヘクタールの森林が減少しています。実に日本の国土の約4分の一に相当します。このまま減り続ければ、1,500年後には全世界の森林が消滅することとなります(ハスの葉クイズ)。
a0004391_19571466.jpg

どこで、なぜ減少?
 森林の減少率の最も大きいのはアフリカの約0.6%、次は南アメリカの約0.5%です。
 まずアマゾンのパラーの森林(グーグルマップにリンク)を見ると、緑の熱帯雨林の真ん中に幹線道路ができ、その左右が肋骨状に白くなっています。また、ロンドニア(グーグルマップにリンク)に至っては、幹線道路を中心に面状に白くなっています。これがどの位の大きさかを知るために、同じ縮尺で日本を見ると驚かずにはいられません。
 これらの開発目的は、牛を飼育するための牧場だと本で読んだことがあります。より経済性の高い土地利用をするため、アマゾンでは熱帯雨林が減少しています。

もう一つの課題、質の低下!
 次に極東ロシアの森林(グーグルマップにリンク)を見ると、緑の森林とともに茶色の塊りが広がっています。また緑の森林の中にも、道路らしき筋が延びています。商業伐採が大規模に行われていると推測されます。

最後に、
 食料確保のため森林を開発する、木材生産のため森林を伐採する、こうしたことは必要だと思います。しかし、同時に「経済のない道徳は寝言だが、道徳のない経済は犯罪である。」という二宮尊徳の教えを思い出しました。
 地球温暖化の防止や生物多様性の保全、そして森林の持続性が図られる開発や経営を行うべきであると思います。

 森林認証制度もあわせて御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-04-28 17:58 | 森林アラカルト

地球温暖化と木造住宅

a0004391_2155628.gif 上のグラフは、住宅1戸(136平方メートル)の中に蓄えられている炭素量(トン)です。上から、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造です。木造は、それ以外に比べて約4倍の炭素が蓄えられています。しかし、住宅は数十年で解体され、炭素は大気中に放出されます。森林は、地球温暖化の防止にあまり貢献しない。でも書きましたが、長期的にみれば木造住宅だから炭素をたくさん蓄えているとは言えません。
 しかし、住宅の解体材をチップやペレットに加工してエネルギーとして活用すれば、その分は二酸化炭素の削減に貢献できます。
a0004391_216989.gif 下のグラフは、住宅1戸(136平方メートル)の製造時炭素放出量(トン)です。木造は鉄骨造の3分の1、鉄筋コンクリート造の4分の1の放出量です。
 木材は加工しやすいので、消費エネルギーが少なくて済みます。木造住宅は、地球温暖化に大いに貢献しています。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-04-12 22:17 | 建築、地産地消

「中人商」って?

a0004391_19424658.jpg 銅の鳥居(かねのとりい/金峰山寺/奈良県)の前にある常夜燈に、「木材」「中人商」と書かれていました。吉野は古くからの林業地ですので「木材」は分かりますが、「中人商」とはどんな商いなのか分かりませんでした。そこでインターネットで調べてみたら、読み方が逆で「材木商人中」が正しく、「材木商人の仲間」が寄進したようです。
 「木材」と「材木」は、どちらも同じような言葉ですが、使い分ける必要があります。「木材」は丸太から製材品までを言います。「材木」は丸太を製材加工した後の製材品を言います。「材木商人」は、製材品を売る人たちのことでしょうか。

 銅の鳥居をくぐったら、次は仁王門、そして蔵王堂です。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2007-04-09 19:53 | その他

蔵王堂(金峰山寺/奈良県)

a0004391_10491643.jpg 室町時代に再建された金峰山寺の蔵王堂は、丸太のままの木材を柱に使っています。入って直ぐに春日山から運んできたと言うスギの木が、奥にはナシの木があり、出口付近にはツツジの木がありました。どの柱も自然のままで、下の方は真っ直ぐですが、上の方は曲がったりしてどれ一つ同じものはありません。金峰山寺は修験道の根本道場であり、68本の柱が立ち並ぶ蔵王堂は森林そのものが表現されていると感じました。

 なお、蔵王堂の御本尊は蔵王権現で、釈迦如来、千手観音菩薩、弥勒菩薩が合体した大変パワーがある仏様だそうです。役行者が蔵王権現の像をサクラの木で刻んだことから、吉野ではサクラが献木、保護され、名所となったそうです。

 蔵王堂の次は、吉水神社に行って中千本の眺めを楽しみましょう。
 

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2007-04-08 10:58 | 神社・仏閣

中千本(吉野山/奈良県)

a0004391_9364690.jpg 吉野山は、桜の名所としても知られています。
 写真は、後醍醐天皇、源義経・静御前、豊臣秀吉のゆかりの地である吉水神社マピオン)からの眺めで、中千本と言われているところです。ちょうど開花の時だったので、花は少しだけでした。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2007-04-07 09:54 | 森林の景色