<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

列状間伐とは、

a0004391_21254716.gif 最近、列状間伐との言葉を耳にするようになりました。
 造林をするとき、格子(図の1)や千鳥に植えます。一間(1.8m)間隔に造林すると、1ヘクタールには約3,000本が植えられています。苗木の生長とともに、この植栽密度を減らす作業が間伐です。
 通常は、生長が遅れている木や曲がっている木などから間伐をします。間伐する木は、一箇所に片寄ることなく、均等に選びます。こうした間伐の方法を定性間伐と言います。
 列状間伐は、列ごとに全ての木を間伐します。図の2は、2列残して1列を間伐する2残1伐のパターンで、33%の間伐率です。

a0004391_193939.jpg 右の写真は、列状間伐を行ったところです。一直線に間伐されているので、選木の手間が省けたり、かかり木が少なくなったり、木材が搬出しやすくなる長所があります。
 また、途中から保存木マーク法に移行することもできます(図の3、4)。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-03-30 21:28 | 林業(造林・育林)

しがらみのない・・・。

 百人一首の32番は、自然を歌っています。
 山川(やまがわ)に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉(もみじ)なりけり 春道列樹

 「しがらみ」とは、「打ち並べた杭に、竹や木を横向きにからみつかせて水流をさえぎる仕掛け」のことです。山を歩いていると、こうした風景にめぐり合うことがあります。

 山崩れを復旧するための山腹工でも、「しがらみ」が使われます。ただし、設計上は「柵工」と書いて、「さくこう」などと言っています。現場の人たちは、「しがら」とも言っています。粗朶(そだ)のほか、二次製品のネットや丸太などが使われています。
 山腹工ではありませんが、公園の歩道沿いに「しがらみ」を見つけました。
a0004391_0281931.jpg

 万葉集からもう一首。
 明日香川 瀬瀬に玉藻は 生ひたれど しがらみあれば なびきあはなくに

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。

 粗朶については、北陸粗朶業振興組合新潟県粗朶業協同組合などを御覧ください。
 
[PR]
by woodlot | 2007-03-28 00:31 | 森林の働き

木質バイオマス自動車

a0004391_19254496.jpg 各地でクリーンなエネルギーである木質バイオマスで動く自動車の製作が試みられています。
 未完成ですが、写真はその一台です。座席なども地産地消の精神で、地域材を使って作る予定です。
a0004391_19255662.jpg 後に積んでいるのが、小型の木炭発電装置です。右側の燃焼炉に木炭を詰め着火すると、下は燃焼しますが、上は酸素が少ないので、一酸化炭素ガスが発生します。その一酸化炭素ガスを冷却し、途中で空気を加えてモーターに送ると、ガスが燃えてモーターが回り、電気ができます。その電気をバッテリーに貯めて、自動車を動かします。
 木炭発電装置は、木炭を燃焼炉に一杯詰めれば、1時間30分程は発電を続ける優れものです。この発電装置は、大阪府立佐野工科高等学校の先生が作ったものです。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。

 《お断り》 この写真は私が写したものではありません。
 
[PR]
by woodlot | 2007-03-24 19:27 | 木質バイオマス

林業は芸術!

 久しぶりに現場に出かけました。
 現場に出かけて、再確認できたこともたくさんありました。現場には課題を解決する鍵が隠されています。
a0004391_2301913.jpg

 写真の森林は、7年前まではごく普通の少し手入れの遅れた人工林だったそうです。この森林を買った山主さんが、選木して、間伐を行ったところ、写真のような美林に生まれ変わりました。
 林業は産業ではありますが、同時にでもあると感じました。
 林業家は、美林を創造する芸術家でもあると感じました。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-03-13 23:06 | 森林の景色