<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

湧き水

a0004391_22374616.jpg 富士山の山麓には、各所に水が湧き出るところがあります。これらの湧き水は、富士山に降った雨や雪が、溶岩の隙間や砂礫層を通り、湧き出してきたものです。
 そんな湧水の一つが忍野八海(マピオン)です。土産物店に囲われていますが、清流が流れ続けています。

 参考サイト 富士山の水系

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-07-31 22:52 | 自然、山々、四季

伐倒の方向

a0004391_17542160.jpg 森林を伐採している現場に残っている切り株です。この切り株を見ると、右手前に伐倒されていることが分かります(伐木作業)。切り株の右手前が低くなっていますが、これは受け口を作った跡です。木は、受け口の方向に倒れます。写真の右上に残っている伐倒木が見えますが、それと同じ方向です。
 伐倒する方向がマチマチだと集材するときに絡まりやすいので、伐倒は集材するときのことを考えながら行います。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-07-30 17:55 | 林業(木材生産)

森林を伐採している現場

a0004391_12134068.jpg 架線による集材の左側の森林が、木材を利用するために伐採されています。その周囲は、見渡す限り緑の山々です。

 林道の肩から伐採している現場を見下ろすと、山の斜面が急なので伐採している現場の状況はほとんど見えません。こうした急傾斜地の現場を見ると、森林を育てる作業の大変さを改めて実感します。
 ここも来年の春には再び苗木が植えられ、50年以上の歳月をかけて緑豊かな森林に戻ることでしょう。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-07-23 12:11 | 林業(造林・育林)

架線による集材

a0004391_2285441.jpga0004391_22951.jpg この林道は、幅員(ふくいん)が5mはある高規格な林道です。車が余裕ですれ違えます。
 ちょうど伐採した現場があり、架線で集材していました。左の写真の左上に、木材を運ぶための搬器があります。この搬器が架線を移動して、下の伐採現場から木材を吊り上げて運び、林道に脇に降ろします。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-07-16 22:13 | 林業(木材生産)

春埜杉(はるのすぎ)

a0004391_22424073.jpg 雨が時々降る細い山道を車で登って行くと、広い林道に出ました。そこから少し走ったら、春埜山大光寺です。駐車場に車を止めて、参道を歩くと、直ぐに本堂につきます。春埜杉(大杉)は、本堂の前の急峻な斜面にそびえていました。白く煙るガスの中に、うっすらと見える巨木の杉は、杉を感じさせない、荒々しいくかつ力づよい枝ぶりが印象に残ります。写真で、その枝ぶりを少しでも感じていただければ幸いです。

 樹齢 約1,300年
 高さ 約44m  幹周 約11m

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-07-10 22:56 | 樹木図鑑

チョッとお休み!

a0004391_128588.jpg 森林・林業について発信することは沢山ありますが、ブログに力を入れていたらホームページ「森の窓」の運営がおろそかになってしまったので、これからしばらくホームページ「森の窓」のメンテナンスに力を入れたいと思います。したがって、ブログ「森林・林業データベース」の積極的な更新はお休みさせていただきます。

 平成18年7月8日
a0004391_1094051.jpg エキサイトの画像容量は30MBでした。そこで、画像容量が一杯になるまでがんばろう(現在18MB)と決めていたのですが、マイネームカードの設定をしたら画像容量が一気に1GBに増えてしまいました。目標を失ったこと、これもチョッとお休みさせていただく理由の一つです。
[PR]
by woodlot | 2006-07-08 15:00 | 私  事

体験ツアーの下見

 更新が滞っています。ぼちぼちアップしますので、間隔を空けてお越しください。 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックもよろしくお願いします。

a0004391_23101022.jpg 今日はボランティア団体が8月に予定している「森林体験ツアー」の下見に行ってきました。山麓の駐車場から市民の森まで、往復しました。市民の森の上の広場についたとき得られた、上まで登りきった達成感、海まで見渡せる景色、スタッフの一人から差し入れられた夏みかん、峠を通る心地良いは、最良の贈り物でした。
 スタッフのみなさんはとても元気で、午後は材料の準備をするとのことでした。私は午前中で失礼させていただきましたが、久しぶりの山歩きだったので、家に帰ってから夕方まで昼寝をしてしまいました。
[PR]
by woodlot | 2006-07-01 23:24 | 私  事