<   2005年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

もみじ葉(二尊院/京都)

a0004391_19524495.jpg 小倉山 峰のもみじ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ
 貞信公(880~949)

 上の短歌は、小倉百人一首の一つです。
 写真は、京都、嵯峨野の小倉山の東麓にある二尊院本堂からの眺めです。紅葉の名所として有名で、境内にはたくさんのもみじがありました。
a0004391_20255254.jpg 写真は二尊院の総門です。伏見城の「薬医門(やくいもん)」を移築したものです。総門に続く参道は、紅葉の馬場といわれています。

 京都の旅 軒先の小宇宙(龍安寺/京都)へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-08-31 19:54 | 神社・仏閣

軒先の小宇宙(龍安寺/京都)

a0004391_2282751.jpg 去年の8月後半は東北にキャンプ旅行に出かけましたが、今年はまとまった夏休みは取れませんでした。毎日夏ばて気味で、ブログのアップも滞りがちです。
 写真は枯山水の石庭で有名な龍安寺(京都)です。写真の奥が石庭になります。低く深い軒と適度に植えられた樹木が涼しげな空間を作っていました。

 現代住宅の工夫された軒は、<景> 景色をつくる「かたち」 3で。

 京都の旅 清水の舞台(京都府)へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-08-30 22:09 | 神社・仏閣

ジュラシック・ツリー(ウォレマイ・パイン)

a0004391_20245564.jpg 通称ジュラシック・ツリー、ナンヨウスギ科のウォレマイ・パイン(学名:ウォレミア・ノビリス)です。1994年8月にオーストラリアのウォレマイ国立公園で発見された世界最古の種子植物の一つです。約2億年前から生存していたと考えられ、野生には約100本しか確認されていないそうです。

 恐竜時代からの木、世界各国で販売へ・豪で繁殖 NIKKEI NET
 ウォレマイ・オーストラリア社 この木を世界中の家庭や庭園、公園で育てることで、この種を絶滅から救う。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-08-26 20:30 | 樹木図鑑

応用が利(き)く。

a0004391_22535637.jpg 愛・地球博の開門は午前9時ですが、人気パビリオンを目指すため、朝早くから並ぶ人も多いようです。二回目ともなると要領が分かるので、グローバルハウスのブルーホール、瀬戸会場の日本館、愛知県館も見ることができました。ブルーホールの縦10m、横50mの巨大スクリーンに映し出される映像は、とてもきれいで、迫力がありました。
 写真は、西ゲートの入場券売り場前の棚です。黒ずんだところと、真新しいところが、入り交じっています。推測するに、最初は意匠的に棚を作ったと思われますが(黒ずんだところ)、梅雨の雨や夏の暑さを凌ぐため、後から屋根を追加したのでしょう(真新しいところ)。木材の長所の一つは、このように状況にあわせて改築ができる点であります(加工性が高い)。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-08-25 22:57 | 木材加工、流通

自然の息吹/生命のきらめき

 台風が気になります。「防災情報提供センター」では、リアルタイム雨量やリアルタイムレーダーにて降雨の情報が得られます。リアルタイム雨量を見れば、四国の早明浦ダムの上流の降雨の様子もわかります。

 「北岡明佳の錯視のページ」を是非御覧ください。静止画像なのに動いて見えます。不思議ですね。

a0004391_18171631.jpg 愛・地球博の長久手日本館の地球の部屋は、360度全天球型映像システムによる映像体験ができます。球体の中に乗り込み、海、大地、空、そして宇宙を旅しましたが、本当に動いているような感覚になりました。必見です。
a0004391_20545742.jpg 地球の部屋の次は、自然を全身で体験できる「五感の森」です。『日本の豊かな自然を五感で体験できる場所』だそうです。『心の中にある森の風景が目の前にあらわれます。』と謳われていますが、みなさんはいかがですか。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-08-24 20:29 | 森林の景色

森林認証制度

a0004391_934518.jpg 年輪が詰まったヒノキの優良材です。写真中央になにやらスタンプが押されています。じっと見ると、木の模様の下は「FSC」と読めます。
 話しは少し遡ります。1992年にブラジルのリオデジャネイロで国連環境開発会議(UNCED、地球サミット)が開かれました。この会議の成果として、「気候変動枠組条約」と「生物多様性条約」が調印、「リオ宣言(地球を保全するための人と国家の行動に関する基本原則」とそれをふまえた「アジェンダ21(21世紀に向けて持続可能な開発を達成するための具体的な行動計画)」が採択されました。また、この会議の中で森林資源及び森林は、現在及び将来の人々の社会的、経済的、生態的、文化的、精神的なニーズを満たすために持続的に経営されるべきである(持続可能な森林経営)とされました。
a0004391_1115735.jpg 森林認証制度とは、「持続可能な森林経営の基準・指標」にしたがって森林経営が行われていることを第三者機関が評価・認証する制度です。このヒノキ材は、FSC(森林管理協会)によって認証された森林から生産されたものであります。評価・認証する第三者機関として、SGEC(緑の循環認証会議)、PEFCなどもあります。

 関連リンク
 NPO法人日本森林管理協議会
 速水林業
 持続可能な森林経営のための勉強部屋(相当難しい)

 「ぴん ぽん ぱん!」さんのFSCへ。
 「motion_emotion」さんの豆腐を作ってみたへ。
 「ESD ファシリテーター学び舎ニュース」さんの森林バイオマス最前線へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-08-21 10:13 | 森林・林業用語解説

森林を測る(おみとおし)

a0004391_10124658.jpg 森林の状態を把握するために、本数を数えたり、樹木の直径高さを測ったりします。経験を積めば見た目でもおおよそ判りますが、森林を測れば数値として状態を把握することができます。
 樹木の直径や高さは、森林の蓄積を求める資料ともなります。しかし、現地では直ぐに結果が出ないので、写真のような林分材積簡易測定板(おみとおし)が考案されています。

 山仕事とは、(その1)へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-08-20 10:17 | 森林・林業用語解説

昔の木材集積場

a0004391_206216.jpg 大河の岸に設けられた木材集積場です。戦前は確かですが、どの位昔なのかはちょっと分かりません。
 山々から集められてきた木材が何段にも積まれています。中央の少し下のところから川に落とし、左下で筏(いかだ)に組まれています。筏で河口付近の製材工場まで下り、加工され、鉄路で消費地に運ばれました。
a0004391_20134192.jpg 上の写真の右側を拡大しました。赤丸で囲んだのが人です。積み上げられた木材の高さを想像することができますが、機械の無いこの時代にどのようにして整然と積み上げたかは想像することができません。

 《お断り》 ここの写真は私が写したものではありません。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-08-17 20:15 | 林業(木材生産)

お山の杉の子 4番から6番まで

a0004391_21501243.jpg 4番は、子どもの成長に合わせ、禿山が立派な杉山、椎の木を見下ろすような大杉になったことを歌っています。
a0004391_21514778.jpg 5番は、杉の用途として、舟の帆柱 梯子段、住宅、本箱、机、下駄、足駄、箸、鉛筆、筆入などに使われていると歌っています。
a0004391_2203048.jpg 6番は、立派に大きくなった杉の木に負けないように、スポーツを忘れずに、頑張って、明るく楽しい日本を作ろうと歌っています。 


 戦後、国民総出で緑化に励んだスギ山も、今では4番の前半あたりでしょうか。あと少しすれば立派なスギ山(4番の後半)となり、私たちの役に立つ(5番)予定です。そして日本の将来も明るい(6番)ハズです。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-08-15 21:53 | 林業を語る。

清水の舞台(京都府)

a0004391_16165140.jpg 「清水の舞台」で知られる音羽山清水寺は、北法相宗の本山です(一寺一宗)。法相宗(ほっそうしゅう)は南都六宗の一つで、清水寺は1965年に法相宗から独立して北法相宗となりました。
a0004391_16363429.jpg 清水の舞台は、崖の空石積み上にある、139本の柱により支えられています。柱と柱は貫によりつながれています。こうした木材の組み方は、懸造(かけづくり)とか、舞台造と言います。

 京都の旅 唐門(西本願寺/京都)へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-08-14 16:18 | 神社・仏閣