<   2004年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

日光山 輪王寺(栃木県)

a0004391_216657.jpg 日光山輪王寺(りんのうじ)三仏堂です。内陣には、名前のとおり日光三社権現本地仏と東照三社権現本地仏の二組の三仏が安置されています。
 日光三社権現本地仏は、阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音の三体です。拝観料を払えば、高さ8.5mの三仏に対面することができます。現在の三仏堂は、徳川家光によって建て替えられたもので、漆塗りのケヤキ柱は木材と思えないほど硬く、かつ、ツルツルに輝いていました。
 輪王寺は、日光山のお堂、本院(本坊)、支院などの全体をさしています。

■日光に見る山岳信仰神仏混淆(習合)
---------------------------
|山岳信仰|垂迹(すいじゃく)神         |本地仏   |
-----+--------------+------
|女峰山  |田心姫(たごりひめ)命        |阿弥陀如来|
-----+--------------+------
|男体山  |大己貴(おおなむち)命        |千手観音  |
-----+--------------+------
|太郎山  |味耜高彦根(あじすきたかひこ)命|馬頭観音  |
---------------------------

 権現:仏菩薩が仮の姿で現われたもの
 お堂:仏をまつる建物
 坊 :僧侶のいるところ
 支院:同一境内にある小寺

 輪王寺大猷院(栃木県)
[PR]
by woodlot | 2004-10-31 21:53 | 神社・仏閣

スギの挿し木苗

a0004391_21381462.jpg スギは、挿し木により増殖することが容易にできます。写真は、天竜8号と言う品種の挿し床です。今年の春、採穂園から採穂し、挿し床に挿しつけました。挿し床には、日覆い、潅水施設が整えられいます。
 挿し木苗は、平成17年の春に床替(とこがえ)を行い、平成18年の春に2年生の苗木として出荷されます。
 天竜8号は花粉の少ないスギ品種の一つです。挿し木により増殖すれば、花粉が少ないと言う親が持つ遺伝をそのまま引き継ぐことができます。花粉の少ないスギ品種は、全国では112品種が選抜されています。
[PR]
by woodlot | 2004-10-28 22:23 | 樹木図鑑

種子の採取1

a0004391_20494168.jpg 写真は、ヒノキの種子を採取するために作られた採種園です。採種園は、地域で形質の良い個体をいくつか選び(精英樹)、それらが均等に受粉するよう配置して造成されています。
 枝先に袋がたくさんかけられていますが、カメムシから種を守るために5月に取り付けました(写真は昨年)。
a0004391_20501188.jpg 採種園では、樹高が高くなると球果が取り難くなるので、3m程度の高さで幹を切ってあります。
 球果は、ブドウのふさのように鈴なりなる年もあれば、今年のようにチラホラしか付いていない年もあります。種子の採取は、おおむね10月から行われます。

 種子の採取2
[PR]
by woodlot | 2004-10-25 20:56 | 林業(造林・育林)

再び森林に期待する役割

 森林に期待する役割

a0004391_0173339.jpg 今年は台風の上陸が大変多いですが、森林は人命や財産を守る「災害防止」の役割や、洪水を軽減する「水資源のかん養」の役割を発揮しているのでしょうか。
 また今年はクマが人里まで出没していますが、森林は「野生動植物」を保護しているのでしょうか。

 山崩れや土石流、洪水などの自然災害、野生動物による被害は森林に期待される役割以上の自然現象によるものだと思われますが、私たちには常に森林の働きを高めることが求められています。

 山を治める(治山/ちさん)
[PR]
by woodlot | 2004-10-24 23:49 | 森林の働き

バオバブ(キワダ科)

 浜名湖花博にあったバオバブです。バオバブは、アフリカ(1種)、マダガスカル(8種)、オーストラリア(1種)の半乾燥地帯であるサバンナに分布しています。サバンナでもこれだけの大樹が育つには、次の機能があるからだそうです。
a0004391_823712.jpg1 樹皮の下でも光合成
 まず見て感じるのは、幹の大きさに対して葉の量が少ないことです。これは葉からの蒸散を最小限に抑えるためでしょう。
 しかし、葉の量が少なくてもこれだけの大樹になるのは、不思議です。バオバブは、樹皮の下にも葉緑素があって、全体で光合成を行っているそうです。
a0004391_8233253.jpg2 幹は貯水タンク
 幹を輪切りにしたものです。直径は1m以上はありました。材は柔らかく、スポンジのような感じがしました。輪切りの隣に乾いた木切れが見本に置かれていましたが、持ち上げると大変軽かったです。
 バオバブは幹が巨大な貯水タンクの役割を果たすそうで、マダガスカルでは約10トンの水を蓄えている例もあるそうです。

 星の王子さま
[PR]
by woodlot | 2004-10-24 08:26 | 樹木図鑑

山を治める(治山/ちさん)

a0004391_23125677.jpg 手前のロープウェイは、新穂高温泉(1117m)と西穂高口(2156m)を結ぶ「新穂高ロープウェイ」です。その右横に緑に囲まれ、白く見えるところがあります。
a0004391_23133276.jpg 急峻な山肌から流れ落ちてくる土砂を治山ダム群が防いでいます。蒲田川流域の国有林治山工事は、昭和38年から始まり、ダムを作って川を安定させたり、山崩れなどで荒れた山肌を緑の森林によみがえらせています。

 渓間工(谷止工)へ。

 写真は8月のものですが、ちょうど今は紅葉のピークのようです。
[PR]
by woodlot | 2004-10-22 23:17 | 森林の働き

キノコの各部の名称

a0004391_20573789.jpg つぼは、幼菌の時に全体を覆っていた膜の破片です。つぼが無いキノコもあります。
 は、中が空になっているものもあります。
 つばの有無、形によってもキノコを見分けます。
 にもいくつかの形があります。
 傘の裏はひだで、普通は刃状です。管状(・・・イグチなど)や、針状(・・・ハリタケなど)になったものもあります。

 キノコを見分けるには、各部の形、色などを総合して判別します。しかし、成長段階や地域によっても違いがありますので、経験を積んだ方でもわからない場合があります。

 日本特用林産振興会 きのこアドバイザー
[PR]
by woodlot | 2004-10-19 20:57 | 天然きのこ

キノコの発生する場所

a0004391_2141059.gif キノコは、動植物に分類されない菌類に属しています。
 通常見たり、食べたりするキノコは、キノコのタネ(胞子/ほうし)を作るための器官(子実体/しじったい)です。キノコの本体は、地中などに伸びる菌糸です。

a0004391_22232577.jpg菌根菌
地面(樹木の根から栄養をもらう)
冬虫夏草
生きた昆虫など
木材腐朽菌
枯れ木、倒木、木の枯れた部分
腐生菌
地面(地中の有機物を栄養源とする)
[PR]
by woodlot | 2004-10-18 21:58 | 天然きのこ

梅ジュース(4月経過)

a0004391_1994250.jpg 今年の夏は暑かったので、梅ジュースを2瓶空けました。
 写真は、今年の6月に仕込んだ梅ジュースです。下の砂糖もかなり溶けました。梅のいくつかは沈み始めています。まだまだ辛抱です。

 梅ジュース(半年経過)

 梅シロップ♪
[PR]
by woodlot | 2004-10-17 19:16 | その他

「・・・シメジ」と呼ばれるキノコ (キシメジ科)

a0004391_9373749.jpg ホテイシメジです。
 傘の中央が少し凹になっています(写真右側)。傘の裏のヒダが下の方まで伸びています。ヒダと柄の境がはっきりしています(写真左側)。
 鍋に入れて食べましたが、数が少なかったので誰が食べたのかは不明です。
 お酒を飲みながら食べると、吐き気などの中毒(悪酔い)を起こすようです。二日酔いの時も、同じだそうです。
a0004391_937132.jpg ミネシメジです。
 傘が緑系の色をしています。熱を通せば食べられるそうですが、風味(苦味)が強いようです。
 どうしようか迷いましたが、食べるのを止めました。

 以上で、9月に参加した「きのこ観察会」で教わったキノコシリーズは終わりです。当日は雨だったため、今回は新聞紙の上での紹介になりましたが、いつかは林内での紹介もしたいと思っております。
[PR]
by woodlot | 2004-10-17 09:37 | 天然きのこ