カテゴリ:樹木図鑑( 85 )

マメザクラ(豆桜)

a0004391_0912.jpg マメザクラは、富士山や箱根に多く、フジザクラとも言う。花の色は白が多く、花の大きさは小さい。花は下向きに咲いている。
 富士山麓の道路を4月上旬に走っていると、見ることができる。ソメイヨシノなどとは花の大きさが明らかに違うので、マメザクラであるとすぐにわかる。

 桜と野鳥
[PR]
by woodlot | 2004-04-11 00:10 | 樹木図鑑

桜餅(道明寺)

a0004391_233721.jpg オオシマザクラとくれば、その葉っぱの塩漬け、桜餅となる。そこで、早速買ってきた。
 オオシマザクラの桜葉は、静岡県松崎町で全国の7割が生産されている。桜葉の生産用の木は、人の背丈ほどで管理されている。
 桜色の餅は道明寺。道明寺とは、道明寺乾飯をひいて粉にしたものである。道明寺乾飯とは、もち米を保存食にするため蒸して天日に干したものである(道明寺天満宮)。なるほど、もち米のアルファ化米のことか。
 中の餡はこし餡が多いが、これはつぶ餡だった。
 食べると、つぶつぶした素朴な道明寺、甘すぎない餡、ちょっと塩味の効いた桜葉が広がった。桜葉は、塩漬けにすると香りが良くなるらしいが、香りはあまりしなかった。春のおとづれを感じた和菓子であった。

 マメザクラ(豆桜)
[PR]
by woodlot | 2004-04-09 23:54 | 樹木図鑑

オオシマザクラ(大島桜)

a0004391_213025.jpg オオシマザクラは、若葉がでるのと花が咲くのがいっしょである。花びらは5枚、色は白である。若葉と白い花の色合いが好きである。
 オオシマザクラは、ソメイヨシノの片方の親である。伊豆諸島の原産で、伊豆大島に多いらしい。
 オオシマザクラの葉は、桜餅(道明寺)に使われています。

 桜餅(道明寺)
[PR]
by woodlot | 2004-04-07 21:31 | 樹木図鑑

ソメイヨシノ(染井吉野)

a0004391_21206.jpg ソメイヨシノは、若葉がでる前に花が咲く。花びらは5枚、色は白に近い淡紅色である。
 ソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの交配種と言われている。

 オオシマザクラ(大島桜)
[PR]
by woodlot | 2004-04-06 21:21 | 樹木図鑑

ウメ

a0004391_18377.jpg 松竹梅は縁起物である。この中で、「松」と「竹」は森林を構成する重要な要素である。したがって、「松」と「竹」はブログでも時々取上げることとなろう。本日は、ちょうど「梅」の花の写真があったのでアップした(平成15年2月9日、静岡市羽鳥の洞慶院にて)。

 梅ジュース(初日)
 
[PR]
by woodlot | 2004-02-18 22:34 | 樹木図鑑