カテゴリ:樹木図鑑( 85 )

イチョウ、銀杏、公孫樹

a0004391_018036.jpg イチョウは、街路樹として植えられています。
 葉は扇型ですが、針葉樹です。秋には葉が黄葉(こうよう)し、冬には落葉します。

  イチョウ(Wikipedia)

a0004391_10525993.jpg 鶴岡八幡宮(鎌倉市)の石段脇には大きなイチョウ(大銀杏)があります。
 このイチョウを観察すると、垂れた乳状の膨らみがあります。これは根の一種で、気根(きこん)と呼ばれています。
 気根は、古いイチョウに見られるようです。 

 気根の一種の呼吸根は、膝根(しっこん)、呼吸根を御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2008-02-12 00:29 | 樹木図鑑

紅葉(もみじ)の種

a0004391_2136588.jpga0004391_21383483.jpg まずは、紅葉(もみじ)の花を御覧ください。
 花が咲いたら直ぐに種ができます。紅葉(もみじ)の種には羽が付いていて、風によって遠くに飛ぶようになっています。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-05-31 21:00 | 樹木図鑑

春埜杉(はるのすぎ)

a0004391_22424073.jpg 雨が時々降る細い山道を車で登って行くと、広い林道に出ました。そこから少し走ったら、春埜山大光寺です。駐車場に車を止めて、参道を歩くと、直ぐに本堂につきます。春埜杉(大杉)は、本堂の前の急峻な斜面にそびえていました。白く煙るガスの中に、うっすらと見える巨木の杉は、杉を感じさせない、荒々しいくかつ力づよい枝ぶりが印象に残ります。写真で、その枝ぶりを少しでも感じていただければ幸いです。

 樹齢 約1,300年
 高さ 約44m  幹周 約11m

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-07-10 22:56 | 樹木図鑑

クリの花

a0004391_2055085.jpga0004391_206103.jpg クリの木に花が付いていました。クリの花は独特の匂いがするので、近くを通っただけでも分かります。

 次は、クリ(栗/ブナ科)へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2006-06-12 20:09 | 樹木図鑑

モミ

a0004391_023653.jpga0004391_024936.jpg 林床にこんなものが沢山落ちていました。
 見上げてを見るとこんな感じです。
a0004391_041542.jpga0004391_042755.jpg ここは植林されたモミ林です。モミと言うとクリスマスツリーを思い出します。上の左の写真は、モミの球果がバラバラになったものです。
 更に見上げて樹冠を見ると、鳥の巣が架けられていました。
a0004391_0151287.jpga0004391_031414.jpg モミと言うと(ひつぎ)や卒塔婆(そとうば)も思い出します。色が白く、匂いも無いので、木箱などにも使われていたそうです。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
 
[PR]
by woodlot | 2006-04-07 00:10 | 樹木図鑑

寒緋桜(カンヒザクラ)

a0004391_23374865.jpg 濃いピンク色の花が下向きに咲いています。
 桜の仲間では最初に咲く部類で、早咲きの桜として有名な河津桜の親とも言われています。

 先日、DIYショップの花屋さんを覗いたら、「河津桜」と「熱海桜」の苗木が1,600円程で売られていました。苗木に付けられたタグには、次のような説明がありました。
 河津桜=寒緋桜+大島桜
 熱海桜=寒緋桜+山 桜

 次は、早咲きの桜1へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2006-03-22 23:42 | 樹木図鑑

早咲きの桜1

a0004391_21414723.jpga0004391_2142288.jpg 早咲きの桜は、静岡県河津町の河津桜(カワヅザクラ)が有名です。河津桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)大島桜(オオシマザクラ)の自然交配種と言われています。
 ここは河津町とは別の場所ですが、土手の右側に河津桜と言われている早咲きの桜、左側に染井吉野(ソメイヨシノ)が並んでいます。ちょうど右側の早咲きの桜が満開でした。

 次は、早咲きの桜2へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2006-03-11 21:53 | 樹木図鑑

トガサワラ

a0004391_23584764.jpga0004391_2359377.jpg 森林植物園でトガサワラを見つけました。トガサワラは、本州の紀伊半島から四国に自生しています。したがって、あまり馴染みの無い樹木です。
 また名前もトガサワラと少し言い難いのですが、これを分解すると「トガ(ツガ)」「サワラ」になります。葉はツガに、材はサワラに似ているそうです。

 アメリカから輸入されるベイマツは、とがさわら属の樹木です(米材の商業名称(マツ科編)オレゴンパイン)。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-12-20 23:59 | 樹木図鑑

アベマキ(ブナ科)

a0004391_0313873.jpga0004391_0315135.jpg アベマキを主林木とする落葉広葉樹の二次林です。アベマキは主に西日本、太平洋側では静岡県から愛知県に入ると多く見られるようになります。アベマキの樹皮はコルクとしても使われ、ゴツゴツした感じです。
a0004391_0321120.jpga0004391_0322833.jpg 地面を見るとアベマキの落ち葉で埋め尽くされていました。同じ二次林を構成するコナラの葉とは違うので、見分けやすいです。アベマキはクヌギの葉に似ていますが、葉の裏に毛があるため、白い色をしています。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-12-16 23:50 | 樹木図鑑

コナラの紅葉しかけ

a0004391_21475116.jpg コナラ(ブナ科)

 紅葉しかけているコナラの葉っぱです。虫にも食べられています。1年間お疲れさまでした。落葉したら、分解されて土壌になります。

 コナラとミズナラの葉っぱは倒卵形で似ていますが、見かけた場所(低い山)や葉柄の長さ(長め)で見分けることができます。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-12-08 21:52 | 樹木図鑑