カテゴリ:山村、山菜( 36 )

八十八夜(静岡県静岡市)

a0004391_12183347.jpga0004391_12184992.jpga0004391_1219496.jpg
 静岡県静岡市の山間部の一こまです。林業地なのでほとんどが人工林となっていますが、新緑に輝く木々も残っています。
 比較的平らな土地に、わずかな茶畑があります。八十八夜には、総出で茶摘が行われていました。

 この写真は、ドコモのso905icsで撮影しました。

 山村の風景なども御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2008-05-25 12:24 | 山村、山菜

儀明の棚田(新潟県十日町市松代)

a0004391_1311694.jpg 国道253号を上越市に向かって走っていると、沢山の人がカメラを向けていました。

 棚田と桜、その向こうにはまだ芽吹きが始まった山々が広がっていました。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2008-05-04 13:17 | 山村、山菜

大内宿(福島県)

a0004391_1235927.jpg 茅葺きの町並みが残されていますが、ほとんどが食堂や土産物店になっています。駐車場から町並みを見下ろせるところまで往復し、食事をし、土産物を買ったりしても、2から3時間あれば十分です。
 写真からもわかりますが、寄棟造りの建物が道路と直角に整然と並んでいます。昭和56年4月に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
a0004391_1251516.jpg 建物の裏に回ると、江戸時代と変わらない風景(?)が残っています。

 茅葺きの町並み
 かやぶきの里(京都府美山町)白川郷合掌造り集落(岐阜県)

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2008-02-11 12:06 | 山村、山菜

相倉合掌造り集落(富山県)

a0004391_2017237.jpg 菅沼合掌造り集落(富山県)から国道156号を更に進むと、相倉合掌造り集落です。
 越中五箇山は「こきりこ節」で知られ、平家の落人が暮らしたところです。一時は陸の孤島になりましたが、世界遺産に指定されてから、道路や観光施設の整備が進み、観光化されつつあるようです。
 写真は、集落の入口にある林道を少し上ったところからです。もう少し行くと人形山展望台があり、集落全体と越中の山々を見渡すことができるようです。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-08-04 20:28 | 山村、山菜

菅沼合掌造り集落(富山県)

a0004391_20531655.jpg 白川郷合掌造り集落(岐阜県)から菅沼合掌造り集落へは、国道156号を北へと進みます。東海北陸自動車道だと白川郷ICから五箇山ICまでの一区間ですが、国道を行くことをお奨めします。と言うのは、この間に庄川が富山県と岐阜県の境になっている箇所があり、国道が河川を渡るたびに県が入れ替わる珍しいところがあるからです(マピオン)。

 菅沼合掌造り集落には、五箇山民族館と塩硝の館があります。
 塩硝は煙硝(焔硝)のことであり、黒色火薬の原料になります。五箇山では、山村生活の廃棄物であるカイコや鶏の糞、ソバ殻、身近で取れるヨモギや麻の葉などを発酵させて煙硝を作っていました。塩硝の館では、こうした煙硝づくりを知ることができます。
 黒色火薬は、夏の風物詩である花火にも使われています。

 相倉合掌造り集落(富山県)も御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-07-28 20:53 | 山村、山菜

菖蒲が咲く風景

a0004391_2083691.jpga0004391_2084731.jpg 手前は菖蒲、次が白壁の蔵、その向うは人工林です。
 ちょっと角度を変えました。山裾に菖蒲が広がっていました。

 加茂花菖蒲園(静岡県掛川市)

 菖蒲の花の写真は、しょうぶ、しょうぶ、しょう・・・を御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-06-14 20:13 | 山村、山菜

山村の悩み(ヤマビル)

a0004391_21402290.jpga0004391_11375469.jpg ヤマビルは限られた地域に生息している吸血動物です。私もこれまでに3回ほど食いつかれたことがあります。その時は、人里を離れた奥山で遭遇しました。ヤマビルに血を吸われると、なかなか血が止まりません。またとても痒いので、無意識のうちにかさぶたをかき破ることが数日続きます。
 数年前からヤマビルの生息域が広がっているとの話しを聞きます。林内だけでなく、茶畑でも食いつかれることがあるそうです。この原因は、シカなどの野生生物が増え、ヤマビルを人里近くまで運んでいるようです。
 シイタケのほだ木はリスにかじられ、収穫前のシイタケはサルに食べられ、育ち始めたタケノコはイノシシに食い荒らされてしまいます。昨年は、人里近くにクマが出没して、連日ニュースになりました。自然との共生などと言いますが、人手が無くなった山村では非常に難しいことだと思います。
 
 参考リンク ヤマビル研究会、湖西・針畑・朽木周辺情報 - 榊さんが見たもの、聞いたこと -さんの「キル・ヒル」。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2006-04-13 20:54 | 山村、山菜

山村の悩み(高齢化)

a0004391_23494277.jpg 山村の高齢化が進んでいます。
 山村では、お茶やシイタケなどを生業とし、その合間を縫って森林の手入れを行なってきました。年をとっても年金をもらいながら、同じ生活スタイルは維持されてきました。受継いだ畑や森林の手入れは当たり前だから、黙々とやってきました。
 それでも、限界はあります。手入れできなくなった遠方の茶畑には、ヒノキを植林しました。森林の境を伝えるため、日曜日には町に住んでいる孫を呼び、一緒に山の見回りに出かけ始めました。
 誰かが受継ぎ、担っていかなければなりませんが、それができる家ばかりではありません。

 山村の風景

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-04-11 23:50 | 山村、山菜

スズメバチ酒

a0004391_2024934.jpg 黄色と黒のストライプは危険の印でもあります。35%の焼酎にスズメバチが沈んでいます。スズメバチは生きたまま入れるそうです。
 3個月後位から飲めるそうです。ただし、一回の量は猪口(ちょこ、ちょく)に一杯だけだそうです。それ以上飲んではいけないと言われました。酒と言うよりは、疲労回復や血糖値の是正、切り傷、打撲などに効果があるようです。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-12-07 20:13 | 山村、山菜

野生動物による農作物や森林の被害

a0004391_18245611.jpg 山村では、サル、シカなどの野生動物による農作物や森林の被害に悩んでいます。地域によっては、畑をアミで囲っているところもあります。原木栽培のシイタケが被害にあうこともあります。ただでさえ収入の少ない山村にとって、経済や精神的に追い討ちをかけています。
 こうした原因の一つとして、荒廃森林が上げられています。人手の入らない人工林が多くなり、植生が乏しい人工林が広がっています。

 野生鳥獣による森林被害面積は、こちら(林野庁)から。
 ニホンジカ「特定鳥獣保護管理計画」の意見募集(京都府)

 百匹目の猿へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-09-17 18:23 | 山村、山菜