阿豆佐和気(あずさわけ)神社の大クス(静岡県熱海市)

a0004391_18331464.jpga0004391_18333284.jpg
 静岡県熱海市の来宮神社の「大楠」は、天然記念物で、日本で二番目に大きいクスノキだと言われています。
 社殿の横をとおり奥に進むと、直ぐに巨大な、かつ、奇怪な樹幹が目に飛び込んできます。観察すると、左側は途中で切られています。右側は回りの木々よりも高く空に飛び抜けているようです。根元は一周できるようになっています。
 幹周は23.9m、樹高は20m、樹齢は約2000年だそうです。


 
[PR]
by woodlot | 2010-02-12 18:30 | 樹木図鑑


<< 大山衹(おおやまづみ)神社のク... 日本一のホルトノキ(静岡県伊東市) >>