木材を生産する。(その1)

a0004391_22513470.jpg 真ん中に平らになっているところは、作業路と呼ばれる木材を生産するための道です。幅は約2mです。
 この作業路に向かって、木がたくさん切り倒されています。全ての木を切らないで、選択して切る方法を択伐(たくばつ)とか、間伐(かんばつ)と言います。この方法で木材を生産すると、森林が維持され続けます。御覧のとおり光が林床まで届く、気持ちの良い森林になりました。


a0004391_2144585.jpg 青い色の機械は、小型のパワーショベルです。先端には、バケットの替わりにグラップル(UFOキャッチャー)が付けられています。これによって、倒れている木材を作業路に引っ張ります。

 木材を生産する。(その2)

 《お断り》 この写真は私が写したものではありません。
[PR]
by woodlot | 2004-08-16 21:13 | 林業(木材生産)


<< 木材を生産する。(その2) ヤナギラン(アカバナ科) >>