東大寺 法華堂(鎌倉時代)

a0004391_21115627.jpg 東大寺法華堂(三月堂)です。手前の礼堂(写真)は鎌倉時代、奥の正堂は奈良時代に建てられたものです。
 正堂には、本尊の不空羂索観音、日光菩薩や月光菩薩などが安置され、間近に見ることができます。小さなお堂ですが、そこには静寂な無限の世界が広がり、悠久の時間を感じます。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2008-05-07 21:02 | 神社・仏閣


<< 菜の花公園(長野県飯山市) シカから造林木を守る。 >>