東大寺南大門(鎌倉時代)

a0004391_176382.jpg 東大寺の南大門です。鎌倉時代に作られた貴重な建物です。
 門を守るのは、口を開けて「あ」と言っている阿形と、閉じて「うん」と言っている吽形です。宇宙の始まりと終わりを意味するそうで、この門は実際の大きさ以上の広がりを持って見えます。

 門の後ろに見えるのが、大仏殿です。「東大寺 大仏殿」も御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2008-05-05 17:00 | 神社・仏閣


<< シカから造林木を守る。 儀明の棚田(新潟県十日町市松代) >>