ビャクシン、イブキ(ヒノキ科)

a0004391_11274129.jpg 天下禅林とは、「人材を広く天下に求め、育成する禅寺」とのことです。
 建長寺は、建長5年(1253)に後深草天皇の勅命で鎌倉幕府五代執権北条時頼が建立した日本で最初の禅寺です。

 臨済宗建長寺派 大本山 建長寺
a0004391_11281822.jpg 
 その庭園には、創建と同じ歳月を重ねたビャクシン(柏槇)があります。樹高は13mと高くありませんが、胸高の円周は6.5mもあります。

 イブキ(Wikipedia)

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2008-02-17 11:31 | 樹木図鑑


<< 美人林(新潟県十日町市松之山) イチョウ、銀杏、公孫樹 >>