イチョウ、銀杏、公孫樹

a0004391_018036.jpg イチョウは、街路樹として植えられています。
 葉は扇型ですが、針葉樹です。秋には葉が黄葉(こうよう)し、冬には落葉します。

  イチョウ(Wikipedia)

a0004391_10525993.jpg 鶴岡八幡宮(鎌倉市)の石段脇には大きなイチョウ(大銀杏)があります。
 このイチョウを観察すると、垂れた乳状の膨らみがあります。これは根の一種で、気根(きこん)と呼ばれています。
 気根は、古いイチョウに見られるようです。 

 気根の一種の呼吸根は、膝根(しっこん)、呼吸根を御覧ください。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2008-02-12 00:29 | 樹木図鑑


<< ビャクシン、イブキ(ヒノキ科) 大内宿(福島県) >>