製材工場の土場

a0004391_235659.jpg 製材工場は、 原木市場から必要とする木材(丸太)を入札により購入してくる。
 製材工場に届いた木材は、樹皮を機械により取り除かれる(写真の手前)。その後、製材機械にて、柱(写真の後方)や板に加工される。
 丸太の状態の木材を「素材、原木」、柱や板に加工された木材を「製材品、材木」と言う。
[PR]
by woodlot | 2004-03-08 23:57 | 木材加工、流通


<< 60年生のヒノキ人工林 原木市場 >>