木材(丸太)の選別

a0004391_134054.jpg 山から搬出された木材は、様々な太さの木材が混ざっている。それらの木材は、原木市場の土場に運ばれ、末口径を自動的に読み、選別する機械に乗せられ、木材の利用目的にあった太さ別に分けられる。
 写真の上段は末口10cm以下で、土木工事の資材などに利用される。価格は1本単位でつけられる。
 中段は末口24~28cm、下段は末口30~34cmで、主に板に製材される。価格は単位材積でつけられる。
 なお、写真の大きさは必ずしも揃っていません。

 製材品の区分 皮むき機(剥皮機械)
[PR]
by woodlot | 2004-03-06 13:41 | 林業(木材生産)


<< 原木市場 自走式ウインチ(搬器) >>