木質バイオマス自動車

a0004391_19254496.jpg 各地でクリーンなエネルギーである木質バイオマスで動く自動車の製作が試みられています。
 未完成ですが、写真はその一台です。座席なども地産地消の精神で、地域材を使って作る予定です。
a0004391_19255662.jpg 後に積んでいるのが、小型の木炭発電装置です。右側の燃焼炉に木炭を詰め着火すると、下は燃焼しますが、上は酸素が少ないので、一酸化炭素ガスが発生します。その一酸化炭素ガスを冷却し、途中で空気を加えてモーターに送ると、ガスが燃えてモーターが回り、電気ができます。その電気をバッテリーに貯めて、自動車を動かします。
 木炭発電装置は、木炭を燃焼炉に一杯詰めれば、1時間30分程は発電を続ける優れものです。この発電装置は、大阪府立佐野工科高等学校の先生が作ったものです。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。

 《お断り》 この写真は私が写したものではありません。
 
[PR]
by woodlot | 2007-03-24 19:27 | 木質バイオマス


<< しがらみのない・・・。 林業は芸術! >>