タワーヤーダ(人工支柱付き集材機)

a0004391_22415689.jpg トラックの荷台にコラー社のタワーヤーダ(人工支柱付き集材機)が積まれています。架線による集材では、元柱と先柱の間に架線を張り、その間の木材を集めます。
 タワーヤーダは、タワー(人工支柱)が元柱の役割を果たします。またタワーは移動できますので、従来に比べて簡単に架線の張替えができます。タワーヤーダは、急傾斜地での集材に向いています。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2007-02-14 22:58 | 林業(木材生産)


<< Sustainable For... 森林・林業の理想のループ図 >>