自走式ウインチ(搬器)

a0004391_02114.jpg 集材機
 集材機は、エンジン、動力伝動装置、ドラム、制動装置などを備え、空中に張られた架線によって素材を巻き上げかつ移送する機械である。集材機は、車道横の盤台に固定して設置される。

 自走式ウインチ
 集材機のエンジン・ドラムなどを一まとめにして、架線に載せたのが自走式ウインチである。リモコン操作などにより架線上を自走し、素材の巻き上げ及び移送を行う。
 商品名では、「ラジキャリー」「ログキャリー」「スカイキャリー」などがある。

 自走式ウインチは、架線の上に自身を載せているので、木材を吊る能力と集材距離が集材機より劣る。
 自走式ウインチは、架線の張り方が簡単で、集材作業も2人で行うことができる点が集材機より優れている。間伐材の集材にも使われる。 

 写真は、2003林業機械展示実演会の展示の一つである。
 
[PR]
by woodlot | 2004-03-03 00:22 | 林業(木材生産)


<< 木材(丸太)の選別 小学5年生のテスト >>