人工林の間伐(かんばつ)

a0004391_93054.jpg 写真は、明るく、気持ちの良い森林です。立木の中を良く見ると、倒れている木の幹と枝葉が見えます。
 森林の年齢は切り株の年輪を数えることで判りますが、この時は数えるのを忘れました。しかし、写真の人工林は、立派に成林していることは間違いありません。

 この人工林を全て伐採(皆伐:かいばつ)してしまうと、また一からやり直さなければなりません(人工造林地)。しかし、今の木材価格だと再投資するだけの儲けはありません。
 そこで、人工林の一部を伐採(間伐)する方法によって、収入を得る人たちが増えています。写真は、枝葉を付けたまま乾燥させている状態で、葉付き乾燥と言います。木材に含まれる水分が少なくなったら、集めて、原木市場などに運搬します。

 木材を生産する。(その1)
[PR]
by woodlot | 2004-06-05 09:32 | 林業(造林・育林)


<< 蓬莱橋(ほうらいはし) 間伐材の漁礁(ぎょしょう) >>