山村の悩み(高齢化)

a0004391_23494277.jpg 山村の高齢化が進んでいます。
 山村では、お茶やシイタケなどを生業とし、その合間を縫って森林の手入れを行なってきました。年をとっても年金をもらいながら、同じ生活スタイルは維持されてきました。受継いだ畑や森林の手入れは当たり前だから、黙々とやってきました。
 それでも、限界はあります。手入れできなくなった遠方の茶畑には、ヒノキを植林しました。森林の境を伝えるため、日曜日には町に住んでいる孫を呼び、一緒に山の見回りに出かけ始めました。
 誰かが受継ぎ、担っていかなければなりませんが、それができる家ばかりではありません。

 山村の風景

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2006-04-11 23:50 | 山村、山菜


<< 山村の悩み(ヤマビル) カタクリの咲く雑木林 >>