アベマキ(ブナ科)

a0004391_0313873.jpga0004391_0315135.jpg アベマキを主林木とする落葉広葉樹の二次林です。アベマキは主に西日本、太平洋側では静岡県から愛知県に入ると多く見られるようになります。アベマキの樹皮はコルクとしても使われ、ゴツゴツした感じです。
a0004391_0321120.jpga0004391_0322833.jpg 地面を見るとアベマキの落ち葉で埋め尽くされていました。同じ二次林を構成するコナラの葉とは違うので、見分けやすいです。アベマキはクヌギの葉に似ていますが、葉の裏に毛があるため、白い色をしています。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-12-16 23:50 | 樹木図鑑


<< 今年のクマは、 酒樽(さかだる) >>