地域の工務店のシェア

a0004391_183431.jpg 「年間20棟未満の中小工務店が建てる住宅のシェアは約30%であり、10年前と比べると13%減少している」らしい。

 最近はハウスメーカーを含めて木の家をアピールする広告が目立つが、今まで木の家(在来木造住宅)を供給してきたのは中小工務店であろう。中小工務店のシェア減少は、地域の木材流通、更には国産材の地盤沈下につながる。
 一方では、自然素材、あらわし工法をコンセプトとした木の家が、消費者に受入れられつつあるが、中小工務店はこの流れに対応できずにいるようである。工務店のほとんどは、企画力や営業力が無く、パンフレットや会社案内も作っていない。
 それでも中小工務店のシェアは30%あるので、林業も中小工務店との連携をもっと考える必要があろう。

 地域の工務店のシェア低下=地域の木材流通の地盤低下

 森林の見学ツアー(住宅編)
[PR]
by woodlot | 2004-02-21 11:40 | 建築、地産地消


<< 無垢(スギ)の壁と天井 静岡県水窪町の西浦田楽 >>