投稿キャンペーン

渓間工(谷止工)

 写真は治山(ちさん)事業で設置された谷止工(たにどめこう)です。渓床(けいしょう)の勾配を緩和し、山脚(さんきゃく)を固定することによって侵食を防ぎます。山脚が侵食されると、山腹(さんぷく)崩壊が起こることがあります。
 現勾配が連続して急で、侵食が認められる場合は、連続して谷止工を設置します。その結果、計画勾配で土砂が堆積し、山脚が安定します。

 谷止工(たにどめこう)へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
■  [PR]
by woodlot | 2005-11-20 01:05 | 森林の働き


<< 土壌侵食の過程(写真) 帽子かけ >>