林家とは?

a0004391_22111252.jpg 検索エンジンで「林家」を検索すると沢山ヒットしますが、よく見るとほとんどが落語関係です。

 林業で言う「林家(りんか)」とは、10年に一度行われる世界農林業センサス(農林水産省統計情報部)で定義されています。世界農林業センサスに林業事業体調査があり、その項目の一つとして「林家の世帯員の状態・林家以外の林業事業体の経営の態様」が調査されています。ここで調査される林家とは、保有山林面積が1ha以上の世帯のことです。

 世界農林業センサスでは、森林の保有主体を林業事業体としています。林業事業体は、図のように区分されています。

 また「林業家」とも言われますが、一般に「企業家」「芸術家」等と同じ使い方だと思います。事業体の現場で働いている人達は、林業就業者などと呼ばれています。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-11-12 22:12 | 森林・林業用語解説


<< 木材輸入量の推移 森林がなくなるとどうなるか? >>