伐木作業

a0004391_2131329.jpg このマツは、重心が右に傾いています。右側には道路があるため、重心とは逆の左側に倒す必要があります。写真は、左側に受け口を作っているところです。
 重心が右に傾いているため、重心より高いところにワイヤーロープをかけ、左に引っ張っています。なお、写真に写っているロープは、伐木作業とは関係がありません。
a0004391_21444142.jpg 右から左に向かって、追い口を切ってきます。追い口を切る作業に合わせ、ワイヤーロープも引っ張ります。追い口は全部切らずに、蝶つがいの役割をするツル(直径の約1/10)を残し、チェンソーでの作業は終わりです。
 後はワイヤーロープを引っ張り、マツの重心が中央から左に移れば、自重で倒れます。
 伐木が終わったら、切り株を観察して、受け口、追い口の作りかたを検証します。

 私のしごと館伐木・造材作業者へ。

 三つ紐伐りへ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんのクリックをお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-10-18 21:54 | 林業(木材生産)


<< 木曽五木とは、 木製ガードレール >>