コナラ(ブナ科)

a0004391_2313228.jpg Excite エキサイト : 愛知万博が閉幕 自然との共生訴え185日

 コナラは、里山を代表する樹木です。コナラに対してオオナラとも呼ばれるミズナラは、奥山に育つ樹木です。コナラの材は、シイタケ栽培の原木として使われます。
 愛知県の海上(かいしょ)の森もコナラやアベマキなどが育つ里山です。その一部が開発され、愛・地球博の会場となりました。瀬戸会場の愛知県会館の中には、伐採される予定だった高さ20mのコナラがシンボルとして移植されていました。

 コナラのドングリを見たい方は、「へんてこ樹木(じゅもく)図鑑(ずかん)」さんの「コナラ」へ。
 更に詳しく調べたい方は、「植物生態研究室(波田研)のHP」さんの「コナラ」へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-09-25 23:19 | 樹木図鑑


<< 秋の七草 「木材価格」=「木材生産費」 >>