林道脇のタラの芽

a0004391_221333.jpg 今日は、林道を車で走り、タラの芽の現況を見てきました。林道の法面には、沢山のタラノキ(ウコギ科)がありました。

 林業技術ハンドブック(全林協)によると、タラノキの芽には頂芽、副芽、そして側芽があり、「頂芽だけを採取すると副芽が伸びて側芽の発芽が遅れ、樹勢が衰えさせるため、副芽も一緒に採取することが望ましい 」とありました。
 写真中央のタラノキの頂芽は、すでに採られています。右側に開いた芽がありますが、それが副芽なのか、側芽なのかはわかりません。

 次は、天ぷらうどんを御覧ください。
 
[PR]
by woodlot | 2004-05-02 22:14 | 山村、山菜


<< 別にめでたくもないが、 シロヤシオの芽吹き >>