木材の自動選別機

a0004391_14322048.jpg 集材された木材は、原木市場に運び込まれます。運び込まれた木材は、まず最初に木材の自動選別機に乗せられ、末口径毎に分類されます。
 木材は手前左側からラインに乗り、それぞれの大きさのところでラインから降ろされます。

 木材(丸太)の選別へ。
a0004391_14385665.jpg 自動選別機のラインを見たところです。該当する末口径の木材が流れてきたら、オレンジ色の遮断機が降ります。
 こうして山から運ばれた木材は、所有者・末口径毎に分別され、原木市場の土場に並べられます。この一つのまとまりを椪(はい)と言います。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
 
[PR]
by woodlot | 2005-07-16 14:33 | 林業(木材生産)


<< 樹冠(じゅかん) パックテスト(亜硝酸) >>