サトウカエデとカジカエデ

a0004391_1303783.jpg 愛・地球博のカナダ館です。外壁に木材(カナダ産)が使われています。壁の手前に、カナダ国旗にも使われているサトウカエデ(メイプルリーフ)の絵が飾られています。メイプルリーフは、18世紀以来伝統的にカナダのシンボルとされてきたものだそうです。葉の先端の尖った部分と枝を合わせた12の数は、国を構成する10州と2準州を表しているそうです。
 サトウカエデの樹液を煮詰めたものが、カエデ糖(メープルシロップ)です。(エゾイタヤ(カエデ科)へ)。
a0004391_145273.gif この絵はカジカエデです。どこと無くサトウカエデに似ていませんか。日本の森林でカナダ国旗のサトウカエデに似たカエデを見つけたら、「カジカエデ」の可能性が高いです。

 竹籠(たけかご) 愛・地球博 長久手日本館へ。

 人気blogランキングに参加していますので、みなさんの応援をお願いします。
[PR]
by woodlot | 2005-07-11 01:38 | 樹木図鑑


<< レッツ! 木工作。 ヒノキ人工林(2,000本/ha) >>