小島のマツ林(十和田湖)

a0004391_20222259.jpg 十和田湖のカルデラ壁は、ほとんどがブナの天然林でした。御倉半島や中山半島の急斜面で岩の多いところは、ブナに代わってミズナラが多くなります。写真は、中山半島の御前ヶ浜(ごぜんがはま)前の小島です。見てのとおりの岩山なので、土壌がほとんど無いため、アカマツを中心とした植生となっています。カルデラ壁のブナの天然林も、小島のアカマツ林もともに極相林(今以上に遷移しない森林)です。

 十和田湖の次は、奥入瀬に行きました。

 早春の十和田湖の写真は、 特集(十和田、奥入瀬)その1で。
 
[PR]
by woodlot | 2005-05-31 20:30 | 森林アラカルト


<< 6月1日からインターネットに接... 5月のできごと。 >>