バウムクーヘン

 枝打ちが終わった後は、バウムクーヘン(バームクーヘン)を焼いてみましょう。青竹、ボール、はけ、炭、バウムクーヘンの材料(薄力粉、卵、バター、砂糖)などを用意します。

a0004391_13365689.jpg
 青竹は破裂することがあるので、あらかじめ節毎に穴を開けておきます。まずは、青竹をあぶり、竹の油を出します。油や汚れをきれいに拭き取ったら、生地をはけで塗ります。最初の一巻きを竹に付けるのが、少し大変です。
a0004391_135234100.jpg 生地がたれないように、焼きムラができないように、竹を少しずつ回します。
 焦げ目が付いたら、また生地を付けます。
a0004391_13554518.jpg 会話を楽しみながら、根気良く焼きます。
 バウムクーヘンが成長するとともに、重くなってくるので、竹をかけるところがあると便利です。
 完成したら、バウムクーヘンの年輪を見ながら、森林が育つ時間に思いを馳せてください。
 
[PR]
by woodlot | 2005-03-05 14:03 | 創作・学び・遊び


<< うだつが上がらない 木材の人工乾燥 >>