八重桜

a0004391_12422.jpg サクラは、野生種と園芸品種に分けられる。野生種の代表がヤマザクラ(主に本州中部以南)であり、オオヤマザクラ(主に本州中部以北)である。
 園芸品種は、野生種が自然交配したり、人工交配したりしてできた品種で、サトザクラとも言われている。サトザクラの花には八重咲きのものが多く、それらは総称して八重桜と呼んでいる。写真の八重桜の品種名はわからない。

 カンザン(関山)のつぼみ

 財団法人日本さくらの会 財団法人日本花の会
[PR]
by woodlot | 2004-04-17 01:25 | 樹木図鑑


<< カンザン(関山)のつぼみ 鳥の巣、いいえ天狗の巣。 >>