桜餅(道明寺)

a0004391_233721.jpg オオシマザクラとくれば、その葉っぱの塩漬け、桜餅となる。そこで、早速買ってきた。
 オオシマザクラの桜葉は、静岡県松崎町で全国の7割が生産されている。桜葉の生産用の木は、人の背丈ほどで管理されている。
 桜色の餅は道明寺。道明寺とは、道明寺乾飯をひいて粉にしたものである。道明寺乾飯とは、もち米を保存食にするため蒸して天日に干したものである(道明寺天満宮)。なるほど、もち米のアルファ化米のことか。
 中の餡はこし餡が多いが、これはつぶ餡だった。
 食べると、つぶつぶした素朴な道明寺、甘すぎない餡、ちょっと塩味の効いた桜葉が広がった。桜葉は、塩漬けにすると香りが良くなるらしいが、香りはあまりしなかった。春のおとづれを感じた和菓子であった。

 マメザクラ(豆桜)
[PR]
by woodlot | 2004-04-09 23:54 | 樹木図鑑


<< マメザクラ(豆桜) オオシマザクラ(大島桜) >>