山住(やまずみ)スギ

a0004391_98474.jpg 静岡県水窪町の山中に、山住神社はあります。山住神社は、和銅2年(709)に伊予国の大山祗神社から大山祗神を移し祭ったのが始まりと伝えられています。
 山住神社の境内に、2本のスギが並んでそびえています(写真は社殿側のスギです)。このスギは、奈良時代に御神木として植えられたもので、樹齢はおよそ1250年と言われています。
a0004391_91352.jpg その後、江戸時になると幕府御用材の乱伐が著しくなり、それを憂えた23代当主で宮司の山住大膳亮茂辰(やまずみだいぜんのすけしげたつ)は、元禄9年(1696)に伊勢からスギ、ヒノキの苗木を運び、延べ36万本の植林を行いました。
 植林されたスギやヒノキは、明治になってから伐採され、東京の木材市場で高い評価を受けたそうです。

 スギの雄花(おばな)
[PR]
by woodlot | 2004-11-27 09:20 | 樹木図鑑


<< 段々茶園 その1 理科室の窓 >>