松くい虫の被害

a0004391_20424073.jpg 松の葉が、赤茶けています。今年の夏までは元気だったのですが、一気に枯れてしまいました。
 こうした枯れ方は、松くい虫によるものです。松くい虫の被害は、マツノマダラカミキリ(運び屋)とマツノザイセンチュウ(マツを枯らすセンチュウ)の組み合わせによるものです。
 晩秋の今ごろは、幼虫になったマツノマダラカミキリが、幹や太い枝の樹皮を食べながら、蛹(さなぎ)室を作っています。羽化・脱出するのは翌年の5月下旬ころからです。

 松くい虫の駆除
 
 
[PR]
by woodlot | 2004-11-22 21:01 | 樹木図鑑


<< 夕暮れの山々 シイタケ栽培(伐倒) >>