プレカット加工

a0004391_1833888.jpg 木材の端が複雑な形に加工されています。これは機械に刻まれたもので、プレカットと呼ばれています。昔は大工さんが木材のクセを見ながら手作業で刻みを行いましたが、現在ではプレカットによる刻みが主流になりました。
 プレカットによって、建築工程の刻み作業が大幅に効率化されました。
 またプレカット工場が木材流通の中心にもなりました。

 宮川工機株式会社のサイトへ。
 けせんプレカット事業協同組合のサイトへ。
[PR]
by woodlot | 2004-11-07 18:16 | 木材加工、流通


<< 長岡市立阪之上小学校 背割り(せわり) >>