種子の採取1

a0004391_20494168.jpg 写真は、ヒノキの種子を採取するために作られた採種園です。採種園は、地域で形質の良い個体をいくつか選び(精英樹)、それらが均等に受粉するよう配置して造成されています。
 枝先に袋がたくさんかけられていますが、カメムシから種を守るために5月に取り付けました(写真は昨年)。
a0004391_20501188.jpg 採種園では、樹高が高くなると球果が取り難くなるので、3m程度の高さで幹を切ってあります。
 球果は、ブドウのふさのように鈴なりなる年もあれば、今年のようにチラホラしか付いていない年もあります。種子の採取は、おおむね10月から行われます。

 種子の採取2
[PR]
by woodlot | 2004-10-25 20:56 | 林業(造林・育林)


<< スギの挿し木苗 再び森林に期待する役割 >>