宇部神社の右近の橘、左近の桜(因幡国)

a0004391_2365756.jpg 宇倍神社は因幡の一宮で、武内宿禰(たけのうちのすくね)を祭っています。

 武内宿禰は、景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代に大臣として仕え人物だそうです。 忠臣としての誉れが高かったので、明治32年(1899)に社殿が紙幣の図案となったなりました。金運の神としても信仰されているそうです。

 拝殿の前は、右近の橘(写真左側)、左近の桜(写真右側)です。

[PR]
by woodlot | 2010-03-03 23:05 | 樹木図鑑


<< 伊和神社(播磨国) 若狭姫神社の千年杉(福井県) >>