伊和神社(播磨国)

a0004391_22455683.jpg 伊和神社は播磨の一宮で、出雲神話に登場するお馴染みの大己貴神(大国主神、伊和大神)を祭っています。

 564年、伊和恒郷に大己貴神から「我を祀れ」との神託があり、一夜にして木々が群生したそうです。

 航空写真で見ると、群生している木々(森林)が田園の中に浮かんでいます。
a0004391_22462465.jpg 昭和44年の調査では、目通り回りが60cm以上の御神木は1650本あり、その内3m以上の大杉は84本あるそうです。

 境内地 5.32ヘクタール

 境内御神木(目通り回り60cm以上)
 ス ギ  563本
 ヒノキ  200本
 サカキ  326本
 カ シ  415本
 その他 150本余

[PR]
by woodlot | 2010-03-07 22:52 | 森林の景色


<< 吉備津彦神社の平安杉(備前国) 宇部神社の右近の橘、左近の桜(... >>