虫川の大杉(新潟県)と、ほくほく線 ゆめぞら号付き

a0004391_22513399.jpg 白山神社の御神木で、周囲は10.6m、樹高は30mです。枝張りが力強く、最大25mです。
 樹齢は1200年だそうで、千年杉とも言われています。

 白山神社は、石川県白山市の白山比咩(しらやまひめ)神社を総本社とし、祭神は菊理媛神(白山比咩神)、伊弉諾尊、伊弉冉尊の三柱としているものが多く、全国に約2700社あるそうです。

 大杉の近くに北越急行ほくほく線が開通し、無人駅ですが虫川大杉駅ができました。
a0004391_2252159.jpga0004391_22521033.jpg トンネルの多いほくほく線では、列車の天井がシアターになる「ゆめぞら号」が運行されています。
 リンク 北越急行株式会社
 
 駅舎の壁には、大杉の枝が埋め込まれていました。


[PR]
by woodlot | 2010-02-28 22:52 | 樹木図鑑


<< 若狭彦神社の普通母樹林(福井県) 杉の大杉(高知県大豊町) >>